カ・マルカンダ ヴィスタマーレ 2018 / ガヤ

¥6,578 ¥8,250
- ポイント

Ca'marcanda Vistamare IGT Toscana 2016

生産地 イタリア / トスカーナ州
品種 ヴェルメンティーノ 、 ヴィオニエ 、 フィアーノ
生産者 ガヤ
容量 750ml
参考上代 8,250円

ギフトラッピングはこちら

「イタリアワイン界の帝王」として、最高峰の地位を不動のものとしているガヤ。1859年、ピエモンテ州で初代当主ジョヴァンニ・ガヤ氏によって創設されて以来、家族経営による徹底した品質主義を貫き、常に最高品質のワインを生み出しています。

現4代目当主、アンジェロ・ガヤ氏はガヤを語る上で最も欠かせない存在。ピエモンテの伝統あるワイン造りの中でアンジェロ氏は、バリック(小樽)、単一畑の概念、国際品種の栽培を導入し、歴史的な革新を次々と成功させてきました。その結果、最も権威あるイタリアワイン評価誌ガンベロ・ロッソ誌において、ガヤは最高評価を歴代最多で獲得。そして、醸造の分野で傑出した業績を挙げた人物に与えられる「ワインメーカーズ・ワインメーカー・アワード」を2019年に受賞し、「帝王」の名をほしいままにしています。

アンジェロ氏が1996年に手に入れたワイナリーが、”カ・マルカンダ”。ワイナリーは、サッシカイアを筆頭に数々のスーパータスカンが産出されるトスカーナ州の沿岸部ボルゲリ地区に位置しています。個性的なテロワールが特徴のこの特異な土壌は、国際品種を栽培するのに最適な土壌であり、アンジェロ氏がボルゲリの地でワインを造るために研究に研究を重ねようやく発見した理想の地でした。カ・マルカンダとは、ピエモンテの方言で「望みのない交渉」という意味。アンジェロ氏が幾重にも及ぶ交渉の末、念願叶って手に入れたこの土地に対する熱い想いが込められています。

そのカ・マルカンダで唯一の白ワインがこちらの「ヴィスタマーレ」。ワイン名の「ヴィスタマーレ」とは、イタリア語で「オーシャンビュー、海を臨む」を意味し、眩しい太陽と青い海、明るい海岸の光景からインスピレーションを受けて名づけられています。南イタリアを代表する美しい酸が特徴の品種「フィアーノ」でを加えることで、ガヤの追求するスタイル「芯の一本通ったエレガンス溢れる味わい」を表現するためにミネラル感と爽やかさが魅力の上品な仕上がりとなっています。2009年の初リリース以来、毎年入荷時は即完売するほど、絶大な人気を誇る白ワインです。

Tasting Note
鮮やかなレモン色。白い花やシトラスのヴェルメンティーノの爽やかな香りに、メロンやアプリコットなどのヴィオニエの甘美なアロマ、フィアーノの花の蜜やナッツのアロマが絡み合う華やかな香りが立ち上ります。口に含むと、豊潤な果実味と洗練された酸が完璧なバランスを保っており、余韻に残る心地良い潮風を思わせるミネラルが、ボルゲリのコバルトブルーに輝く美しい海を連想させます。それぞれのブドウの特徴が見事に融合した、まさにエレガンス溢れるスタイルです。

備考
仕入れの状況により最新ヴィンテージのお届けとなります。ヴィンテージに関してのご質問は別途お問い合わせ下さい。