シャトー・ド・ゴール シラー・グルナッシュ 2018

¥2,178 ¥2,530
- ポイント

Chateau de Gaure Surah Grenache

生産国 フランス / ラングドックルーション
品種 シラー 95%、グルナッシュ 5%
生産者 シャトー・ド・ゴール
容量 750ml
参考上代 2,530円

ギフトラッピングはこちら

南仏リムーに位置しているシャトー・ド・ゴール。オーナーPierre Fabreは南仏ニームにて、5世代続いたブドウ栽培家の家に生まれました。そこではワイン醸造はしておらず、ブドウは全て協同組合に売っていたそうです。栽培家の道を選ばなかったピエールは、エンジニアとして優秀な技術者として成功し、ベルギーの大きなプラスティック工場長として20年以上勤務しており、リタイア後の家として2004年に購入したのが、この南仏の土地でした。なんと200haもある大きな敷地に13世紀の古いお城があり、そこではペンションも経営しているそうです。

その中には25haもの畑もあり、それならばワインを造ろうと決心したのが、きっかけだそうです。「ワイン造りをしよう!するならば自然でかつ最高品質のワインを造ろう!」と、2005年に若き醸造家Marc Bertrandをに迎えます。マークは元々ブルゴーニュ・ディジョンの醸造学校で学び、それからアルザスやオーストリア等々の産地でワイン造りを勉強しており、美味しいワイン造りを極める中でたどり着いたのが無農薬栽培でした。そして、この25haの大きな畑をビオへ大改革の計画に着手していきます。

畑は標高300mのなだらかな傾斜になっており、森の中にいるようで、鳥の声しか聞こえないほどとんでもなく広く、今もまだ手直ししなくてはならない畑が大半を占めています。毎日毎日仕事であふれかえっていますが、それでもやりがいのある仕事だと言っていたマークは、水を得た魚のように生き生きしています。(インポーター資料より)

こちらは、大人気となったカンパーニュシリーズ。シラー 95%にグルナッシュ 5%をアッサンブラージュ、除梗してセメントタンクで醸し後、木樽 で発酵・熟成しました。標高が高く、気温の低いがゆえのきれいな酸が加わり、果実味主体のシラーとは違い、みずみずしいシラーの洗練された味わいが、とっても魅力的なワインです。

Tasting Note
詰まったブラックパープルの外観から、カシ スやバニラ、ホワイトペッパーの香り、ふくよかなエキスに滑らかなタンニンや酸のバランスのとれた味わいで、柔らかなアフターも美しい仕上がりは、このクラスにして素晴らしい出来栄えです。

備考
写真はイメージ画像です。デザイン変更等、実物と異なる場合がございますが予めご了承下さい。