ロッシ・バス 2018 / ガヤ

¥8,778 ¥11,100
- ポイント

ROSSJ BASS 2018 / GAJA

生産地 イタリア / ピエモンテ州
品種 シャルドネ 95%、ソーヴィニヨン・ブラン 5%
生産者 ガヤ
容量 750ml
参考上代 11,100円

ギフトラッピングはこちら

「イタリアワイン界の帝王」として、最高峰の地位を不動のものとしているガヤ。1859年、ピエモンテ州で初代当主ジョヴァンニ・ガヤ氏によって創設されて以来、家族経営による徹底した品質主義を貫き、常に最高品質のワインを生み出しています。

現4代目当主、アンジェロ・ガヤ氏はガヤを語る上で最も欠かせない存在。ピエモンテの伝統あるワイン造りの中でアンジェロ氏は、ピエモンテの伝統的なワイン造りを守りながらも、革新的な設備や技術を取り入れ、バリック(小樽)、単一畑の概念、国際品種の栽培を導入し、歴史的な革新を次々と成功させてきました。

その結果、最も権威あるイタリアワイン評価誌ガンベロ・ロッソ誌において、ガヤは最高評価を歴代最多で獲得。そして、醸造の分野で傑出した業績を挙げた人物に与えられる「ワインメーカーズ・ワインメーカー・アワード」を2019年に受賞し、世界中から認められる存在となりました。「帝王」の名をほしいままにしています。

この「ロッシィ・バス」は、「ロッシィ」と「バス」という畑に、一部セッラルンガ産を含めた3つの畑のシャルドネを絶妙な技でブレンドした、ガヤが造るワインの中でも生産量の少ない稀少な白ワイン。「ロッシィ」は、アンジェロ氏の次女である「ロザンナ」の名前に由来しており、粘土の厚い層を持つ石灰粘土質土壌の畑から高品質なシャルドネが収穫されます。

もう一方の「バス」は、ロッシィ畑より豊かで堅く締まっており、ミネラルを豊富に含んだ上質なシャルドネが収穫されます。それらをブレンドすることにより、しっかりとしたミネラル感と酸味を持った魅力的なロッシィ・バスが誕生します。

Tasting Note
鮮やかで明るい色調の黄金色。エキゾチックなフルーツや桃のふくよかな果実香に白バラのエレガントな香りが華やかにグラスから立ち上ります。味わいには深みと豊かさ、適度な酸味、繊細なオークのニュアンスが感じられ、長い余韻には、美しい酸と豊かなミネラル感がいつまでもお楽しみいただけます。

今からでも十分お楽しみいただけますが、10年程度の長期熟成のポテンシャルも備えた、熟成による変化も楽しめる白ワイン。美味しいお食事と共にじっくりとお楽しみいただきたい、イタリアワインの帝王が手掛けるエレガントで味わい深い1本です。

備考
仕入れの状況により最新ヴィンテージのお届けとなります。 ヴィンテージに関するご質問は別途お問い合わせください。

写真はイメージ画像です。実物と異なる場合がございますがご了承下さい。