アデガ・デ・ペゴエス・コルエイタ・セレクシオナーダ・ティント

¥1,738 ¥2,574
- ポイント

ADEGA DE PEGOES COLHEITA SELECCIONADA TINTO

生産地 ポルトガル
品種 カベルネ・ソーヴィニョン35%、シラー15%、トゥーリガ・ナショナル25%、トリンカデイラ25%
生産者 サント・イシドロ・デ・ペゴエス・アデカ
容量 750ml
参考上代 2,574円

ギフトラッピングはこちら

「ペゴエス」は、1958年ビール業界の大物、ホセ・ロビスコ・パイスがリスボン州立病院が所有する畑に投資を行いスタートしたワイナリー。その後様々な事柄を経て、ポルトガルでも1、2位を争う共同生産組合になりました。

近年では再編成を行い、ブドウの厳しい選別、巧みな樽使いによってワインの質はみるみる向上し、消費者の趣向を捉えたワインを生み出しており、ポルトガル国内に限らず、海外でも人気と急上昇中。

カベルネ・ソーヴィニョンを主体に、シラー、トゥーリガ・ナショナル、トリンカデイラをアメリカンオークとフレンチオークで12ヶ月熟成。ポルトガルで有名な「ポルト酒」にも使われる伝統的な品種も使ったブレンド技術に定評があり、飲み応え満足感あります。お値段もリーゾナブルなので、家飲みにもおすすめです。

レ・シタデル・デュ・ヴァンにてトロフィー獲得。
「シタデル・デュ・ヴァン」とは葡萄栽培やワイン醸造において世界的に権威のある国際機構「国際葡萄・ワイン機構」(O.I.V.)の承認のもとに開催される格式の高い国際ワイン・コンクール。この格式の高いコンクール(2003年度開催)にて2001、2003ヴィンテージが金賞に値するトロフィー・シタデルを獲得。

Vinalies Internationales (パリ) 金賞獲得 (2000, 2001, 2003)

Callenge International du Vin (ボルドー) 金賞獲得 (2000)

Tasting Note
黒い果実、特にプラムやブラック・ベリーの香りに、 丁子や白胡椒のスパイスのニュアンス。 ソフトで温かみのある果実味が好印象です。 タンニンも良く熟しているが、 過熟ではなく飲み心地のよい酸があり、 バランスよく口の中に広がる。 余韻には八角のような東洋系のスパイスの ニュアンスも感じられます。 カレーやエスニック料理にも合います。

備考
仕入れの状況により最新ヴィンテージのお届けとなります。ヴィンテージに関するご質問は別途お問い合わせください。

写真はイメージ画像です。デザイン変更等、実物と異なる場合がございますが予めご了承下さい。