タトール・プリミティーヴォ・サレント / ポッジョ・レ・ヴォルピ

¥2,750 ¥3,190
- ポイント

TATOR Primitivo Salento / Poggio Le Volpi

生産地 イタリア / プーリア州
品種 プリミティーヴォ 100%
生産者 ポッジョ・レ・ヴォルピ
容量 750ml
参考上代 3,190円

ギフトラッピングはこちら

イタリアのワインガイド「ルカマローニ」で毎年の様に高得点を獲得する大人気のワイナリー「ポッジョ・レ・ヴォルピ」。素晴らしい自然が生むハイコスパなワイン
メルジェ家は、1920年第から代々ワインやオリーブオイルを造ってきましたが、1990年代、3代目にあたるアルマンド・メルジェは「だれにも負けないエレガンスとクオリティー」をポリシーに掲げ、ポッジョ・デ・ヴォルピ社を創業しました。

30haの畑はローマ郊外にかけて広がり、まだ汚染されていない素晴らしい自然が残っており、キツネ(ヴォル)の姿がよく見られます。

イソップ童話の「ブドウとキツネ」のように、美味しいブドウが育ち、それを目当てに現れるキツネ。そこからワイナリー名は付けられました。デイリーワインから上級ラインまでコストパフォーマンス抜群の美味しいワインを造り、圧倒的な品質の高さでイタリア本国でも 大人気のワイナリーです。

イタリアではプリミティーヴォ、アメリカではジンファンデルと呼ばれどちらも遺伝的には同品種のブドウです。 近年イタリアでは、プリミテーヴォではなくジンファンデル表記、もしくはジンファンデルとプリミティーヴォを併記するワインも増えてきているようです。

TATORは昔からプーリアの人々に愛されてきた古代メッサビア(現サレント半島)の神の名前。伝統的な手法で遅摘みのプリミティーヴォを手摘みし、ブドウの実を破砕せずにそのままタンクに入れて温度調節しながら20~30日間発酵。 その後フランス産の樽で10ヶ月間熟成。 成熟したブドウを少し乾燥させて遅摘みすることで密度の詰まった濃密な甘さと適度な酸とタンニンのバランスが素晴らしいワインに仕上がっています。 口に含んだ時のボリューム感に思わず感動間違いなしです。 そしてまた飲みたい。と思わせる魅惑的な甘さの余韻が長く続き、ハマる方が続出なパワフルなワイン。 濃い赤ワインが好きな方に是非飲んで頂きたいワインです。エチケットもかっこいいです。

Tasting Note
熟した赤い果実のジャーミーなアロマの中にドライイチジクなどの香りやシナモン、タバコといったスパイシーな複雑な香り。 酸とタンニンのバランスが良く豊満でしっかりした辛口。 飲み応え十分な味わい。



備考
仕入れの状況により最新ヴィンテージのお届けとなります。 ヴィンテージに関するご質問は別途お問い合わせください。

写真はイメージ画像です。実物と異なる場合がございますがご了承下さい。