ベッカー シャルドネ

¥3,300 ¥3,630
- ポイント

Becker Chardney

生産地 ドイツ / ファルツ地方
品種 シャルドネ100%
生産者 フリードリッヒ・ベッカー
容量 750ml
参考上代 3,630円

ギフトラッピングはこちら

フリードリッヒ・ベッカーは、ドイツで最も権威のあるワインガイド「ゴーミヨ」で最も注目に値する醸造家に贈られる「ライジングスター賞」を受賞、さらに2004年~2012年にかけて、同誌で9年連続最優秀赤ワイン賞を受賞するなど、今大人気の醸造家。日本では、2008年には洞爺湖サミットでもベッカーのピノ・ノワールが使用され、来賓の方々を唸らせたことも話題となりました。

イソップ童話の「ブドウときつね」の話はご存知ですか。きつねが高い所にあるブドウが食べたくて何度か跳び上がる。しかし、届かない。そして最後には、「あのブドウはまだ青くて食べられないや」と負け惜しみを言って去るというお話。ベッカーのワインのエチケットには「ぶどうとキツネ」の童話の挿絵が使われています。

当時、甘口の貴腐ワインを主力ワインとしていたファルツの巨大協同組合の跡継ぎとして期待されていたいベッカーは、石灰岩が隆起したシュヴァイゲン村の土壌と寒暖差のある気候に可能性を感じ、自らの大好きなピノ・ノワールに打ち込むために、周囲の猛反対を押し切って1973年に独立。甘口や貴腐ワイン用の甘いぶどうばかり栽培していた他の農家から「ベッカーのぶどうは酸っぱくてまずい」と激しい非難を浴びながらも、ワインにかける不断の努力と情熱から、ドイツのピノ・ノワールのトップの1人に昇り詰めたという、その逸話にちなんで描かれた個性的なエチケットですね。

ファルツでシャルドネという品種は決してメジャーではありませんが、ファルツにはシャブリのような貝殻石灰質の土壌があります。地球温暖化の影響で、ドイツは近年グレートヴィンテージ続き。実はポテンシャルを秘めた生産地なのです。 「ドイツといえば、甘口のワインでしょ?」と思ってこのワインを口にすれば、びっくりされるはず。

Tasting note
石灰砂岩の土壌で育まれたシャルドネを手摘みで収穫し、一部1,200Lのドイツ産オーク樽とステンレス・タンクで酵母とともにゆっくりと熟成。グレープフルーツやハーブの香りにフレッシュな酸味。豊かなミネラル感が特徴のワインです。酸が高く、伸びやかでクリーンな味わいながら、果実味もしっかりと感じられます。充分な旨みを備えた、エレガントなワインに仕上がっています。


備考
仕入れの状況により最新ヴィンテージのお届けとなります。ヴィンテージに関するご質問は別途お問い合わせください。

写真はイメージ画像です。デザイン変更等、実物と異なる場合がございますが予めご了承下さい。