ラルコ ロッソ・デル・ヴェネローゼ・ルベオ

¥5,478 ¥6,710
- ポイント
Sold out

L’Arco Rubeo

生産地 イタリア / ヴェネト州
生産者 ラルコ
品種 カベルネ・フラン 35%、コルヴィーナ 30%、カベルネ・ソーヴィニョン 15%、ロンディネッラ 15%、モリナーラ 5%
容量 750ml
参考上代 6,710円

ギフトラッピングはこちら

ルーカ・フェドリーゴは、ヴァルポリチェッラで誰よりも”神話的生産者”との賛辞にふさわしいクインタレッリに長年ブドウを納めていた栽培農家に生まれ、14歳から彼のもとで働いた経験の中からワイン造りの真髄を会得。新たに自分の世界を表現するために開始したワイナリーがこの「ラルコ」です。初リリースの1998年から二十数年、伝統を尊重した、積極的かつ基礎のしっかりとした造り手で、自然派と言われる造り手の中でも一目を置かれる存在となっています。

ルーカは、ヴェネト州の銘酒であるアマローネなど、ヴァルポリチェッラらしいワインの味」を追及する中で、伝統的な醸造を大切にしながらも、ルールに縛られることなく挑戦を惜しまず実践しています。その上で、本来アマローネやヴァルポリチェッラでは使用を許されていないカベルネ・フラン、メルローなどのフランス系品種を使用する可能性を見出しており、ルーカらしい唯一無二のワインを造り出し、評価を得ています。その代表的なワインが、「アマローネのブドウ」と呼ばれるロンディネッラ、コルヴィーナ、モリナーラを用いたワインに、同様のつくり方をしたカベルネ・フランを混ぜた、ヴァルポリチェッラの伝統と国際性が混ざり合った個性的なIGTワインの「ルベオ」と、イタリア品種だけを使い独特の製法で造り上げた「パリオ」です。

「ルベオ」は、アマローネのように造ったワインと、同様の造り方をしたカベルネ・フランを混ぜたヴァルポリチェッラの伝統と国際性が混ざり合った個性的なワイン。落ち着いた味わいの中に活き活きとした息遣いが感じられますこのワインは、「クインタレッリの再来」と多大な評価を得ています。

*アマローネ:陰干し葡萄から造られる辛口仕立てのワイン。葡萄を干すことで、通常より凝縮感とエキス分を得られます。 

Tasting Note
ブラックベリーや干し葡萄、カカオ等を想わせる香りにスパイスのニュアンス。完熟の凝縮奥行きと複雑性のある旨味がたっぷり、シルキーなタンニン、緻密で非常に滑らか。

ドライでストラクチャーがあり、且つ、エレガント。赤身の肉やジビエ、また熟成させたチーズとの相性は最高です。

備考
仕入れの状況により最新ヴィンテージのお届けとなります。ヴィンテージに関するご質問は別途お問い合わせください。

写真はイメージ画像です。デザイン変更等、実物と異なる場合がございますが予めご了承下さい。