レ・ザロム・ド・ラグランジュ

¥4,378 ¥5,830
- ポイント

LES ARUMS DE LAGRANGE 

生産地 フランス / ボルドー
品種 ソーヴィニヨン・ブラン55%、セミヨン40%、ソーヴィニヨン グリ5%
生産者 シャトー・ラグランジュ
容量 750ml
参考上代 4,830円

ギフトラッピングはこちら

シャトー・ラグランジュは、サン・ジュリアン村に位置する、メドック格付け第3級シャトー。中世の時代からの歴史があり、19世紀、当時のルイ・フィリップ朝で権力を握っていたデュシャテル伯爵が所有者になり、ワインの品質向上に努めた結果、シャトーは1855年のメドック格付けで第3級に格付けされ、ラグランジュの名声を引き上げました。

その後、1983年にサントリーが経営権を獲得。ブドウ樹の植え替えなど抜本的な改善を実施し、ブドウ畑ではリュット・レゾネをはじめ、2005年に「テラ・ヴィティス」の認証を取得。シャトー・ラグランジュの手入れの行き届いた畑や設備管理を行うマルセル・デュカス氏や、日本人エノロジストの鈴田健二氏など、ワインメイキングにおける工夫と知恵による沢山の人の努力が実を結び、シャトー・ラグランジュは日々成長し、多くのワインラヴァーを虜にしています。

Tasting Note
「レ・ザルム」とはラグランジュの池の畔に咲く白い花を意味していますが、香り高きワインであることも同時に暗示しています。

品種特有の柑橘系やハーブの香りが個性的。凝縮された果実味、しっかりとした酸味に恵まれ、甲殻類や魚、さらにハーブを使ったグリルや白身系の肉料理にぴったりです。


備考
仕入れの状況により最新ヴィンテージのお届けとなります。ヴィンテージに関してのご質問は別途お問い合わせ下さい。