レ・パゴド・ド・コス 2016

¥8,250
- ポイント

Les Pagodes de Cos 2016 / Chateau Cos d'Estournel

生産地 フランス / ボルドー / サン・テステフ
品種 メルロ 46%、カベルネ・ソーヴィニヨン 44%、カベルネ・フラン 6%、プティ・ヴェルド 4%
生産者 シャトー・コス・デストゥルネル
容量 750ml
参考上代 8,778円

メドック格付2級、シャトー・コス・デストゥルネル
ポイヤックとの村境のすぐ北、その著名な隣人シャトー・ラフィット=ロートシルトを見下ろす丘の背にある。 メドックものにしては珍しく、ブレンドに使うメルロの比率が高いことと新樽を使う比率が高いことで、他と一線を画しているシャトー。

その歴史は、砂利の丘を意味する「コス」と呼ばれていたブドウ畑を、実業家のルイ・ガスパール・デストゥルネル氏が購入したことから始まります。

彼のビジネス能力や斬新な考え方に、当時は疑問を持つ人も多くいましたが、シャトーに対する熱い想いや、手掛ける熟成ワインの質も認められ、グングンと評価を伸ばしていきました。今や、1級を脅かす存在にまで向上した、ボルドーで最も人気の高いシャトーです。

そのセカンドラベルである「レ・パゴド・ド・コス」は、著名な評論家から限りなくファーストに近いスーパーセカンドと称賛。こちらも醸造は同じ方法で行われており、樹齢だけが異なると言われています。

2015年は歴史に残るグレートヴィンテージとなった2010年以来、最高と評される偉大な年。「そのワインは全般的にフルボディで、その精妙さとしなやかな物腰はサン・テステフというよりはポイヤックに近いものがあり、ほかのワインがうらやむほどのとろっとした触感がある」と有名な評論家たちも激賞しています。

Tasting Note
外観は紫がかった深いガーネット。グラスからはブラックチェリーやブラックラズベリー、カシスなどの果実のアロマが漂います。またコショウやメントール、黒鉛、カルダモンのニュアンスもありスパイシーな印象。口に含むと柔らかいアタックと共に、エネルギッシュなテクスチャーが感じられます。活き活きとした果実味と豊富なタンニン、新鮮な酸が調和。フィニッシュまで力強い味わいがお愉しみ頂けます。

備考
仕入れの状況により、予告なく最新ヴィンテージのお届けになる場合がございます。ヴィンテージに関するご質問は別途お問い合わせください。
写真はイメージ画像です。デザイン変更等、実物と異なる場合がございますが予めご了承下さい。