[ 限定数 ]カレラ ピノ・ノワール ジェンセン 2012

¥24,200
- ポイント
Sold out

CALERA Pinot Noir Jensen

地域 アメリカ / カリフォルニア / ナパ・ヴァレー
品種 ピノ・ノワール 100%
生産者 カレラ
容量 750ml
参考上代 

入手困難!まさにこれが、カリフォルニアのロマネ・コンティ!
カレラの歴史の始まりは、今から40年以上前。エール大学を卒業し、オックスフォード大学に留学したオーナーのジョシュ・ジェンセン氏は、そこでフランスワインの不思議な魅力に引きこまれ、ワインの仕事をしようと決意。ドメーヌ・ド・ラ・ロマネ・コンティ、ドメーヌ・デュジャックで働き、そこで「ブルゴーニュで学んだぶどうにほとんど手をかけない自然なワイン造り」に魅せられ、「アメリカで最高のピノノワールを造る」という目標に駆り立たといいます。また、優れたブルゴーニュワインの個性は石灰岩の肥沃な土壌から生み出されることを知りました。

カレラがワイン造りを開始した1970年代当時は、カリフォルニアで最高のピノ・ノワールを造るなど、誰もが不可能だと笑うほど課題が多かったのは事実。そうした中、ジェンセン氏はひたすら可能性を信じ、1974年にカリフォルニアで最も高い標高2,200フィートのマウント・ハーランの頂上近辺に石灰質が豊富にある冷涼な土地を見つけ購入し、ロマネ・コンティから持ち帰ったというブドウの樹を植樹。

斜面の向き、風の流れ方、気候の微妙な変化を全て調べ上げ、それぞれの区画の個性に合わせてワインを造り分け、品質の高いワインを産み出し、遂にはロマネ・コンティに比肩するとまで言われるワイン造りに成功しました。これがカレラが唯一無二の個性をもつ土地を見出したパイオニアであり、孤高の存在と言われる所以です。

「カレラ」はスペイン語で「石灰(ライムストーン)焼き窯」と言う意味で、石灰焼き窯をロゴにマークとしています。

この「ジェンセン」は、ジョシュの父、ステファン・ジェンセンの名前が由来。ワイン業界に絶大な影響力を誇るロバート・パーカー監修ワインアドヴォケイト誌にて最高評価となるエクストラオーディナリーを、カレラのワインの中で最も多く与えられています。樹齢30年以上のぶどうから造られる、申し分のないバランス、リッチさ、丸みを兼ね備えた長期熟成向けのワイン。ブラインド・テイスティングで、ブルゴーニュのトップドメーヌの造るグラン・クリュを上回る評価を受けている、まさに「カリフォルニアのロマネコンティ」

希少なバックヴィンテージの2012年、まさに飲み頃を迎えています。今が買いです!限定数のみ。

Tasting Note
香りはブラックベリー、クランベリーなど、ミネラル感が豊かに口に広がり、完璧なバランス。長い余韻が広がります。豊かでまろやか、長い熟成向きワイン。

備考